アレルギー

精油を自然療法として使う時の注意。

アロマがなんでメディカルに使われるの? って最近よく聞かれます。   簡単に答えます。 「お薬の元になっている成分が入っているんです!」   はい。 そうなんです。 でもなんで?   精油って、植物の成分をギューーーーーーって濃く濃くしたものなんです。 ってことは精油の中にはいーーーーーーっぱい植物が詰まってるんです♡   植物ってすごく強いんです。   例えばあなたなら、こんな時どうしますか?   ①周りにいつの間にか敵がいっぱい。 このままじゃ、自分がおかしくなっちゃうかも知れない。 ②住んでる家の柱に虫が来て、傾くかも。   。。。。 ①の時、私なら、逃げるかも。 誰も知らないとこでイチからやり直す!!   ② 修理に頼んで直してもらうか、治らなかったら建て替えするか、引っ越すか。。。     でもあなたが植物なら?   足が生えていないから、ここから逃げ出したい!!って逃げることすら出来ない。   そこで踏ん張るしかない!! そのために植物はすっごく強い。   自分の敵になる害虫は寄ってこれないように、強い臭いを放つ。 カビや虫に負けないように、抵抗できる力を付ける。 悪い虫に刺された時はそこから毒が広がらないように、解毒作用を付ける。 でも、種を作る為に花粉を運んでくれる蜂たちは来てほしいから、興味を持ってもらえる匂いを放つ。   その力がいーーーっぱい詰まった精油をメディカルに使えるのはそういう事。 ちょっと植物が持ってる力を借りるんです。 それで、私たち自身の力を助けてもらうんです。   だから精油を使い続けると、免疫力が上がったり、メンタルが安定したり。 私たちの体を本来の自然な状態に戻すお手伝いをしてくれます。   でも気を付けて欲しいのが、「絶対安心」ではないこと。   だって害虫や毒から守る為の成分。 私たちの中に、その植物からしたら害虫って判断されるようなものがあるかもしれないし、 その成分で何かしら体がバランスを取れなくなっちゃうような事があるかも知れない。   それが何かはその人次第。   だから「一回やってみる」前に、ちゃんと知っている人に相談して欲しい。 私使って大丈夫?って。   使って大丈夫、でもこれはダメ。… Read More »精油を自然療法として使う時の注意。